一般教養 – 阿南工業高等専門学校

一般教養

一般教養は各コース共通で、専門科目と並行して学習し、責任感・倫理観豊かな国際人となるために必要な教養を身につけます。低学年では専門科目の基礎となる数学や英語などに多くの時間が割り当てられ、英語教育では外国人講師による英会話なども取り入れています。高学年では、日本語の表現、経済学、法学などの講義もあり、社会人として、また技術者として必要な基礎教養が得られるよう配慮されています。専門学科の基礎内容を学習する授業時間数は、大学の工学部より多く、特に実践的な技術の学習を重視し、実験・実習も多く取り入れています。最終的な学習レベルは、大学の工学部課程に匹敵するものです。