機械コース – 阿南工業高等専門学校

機械コース

多様な分野で活躍できるエンジニアを育成
機械コースは、数学や力学を基礎として、機械の設計・製造や技術開発を学ぶ、ものづくりに特化したコースです。カ リキュラムは、機械設計や機械に関わる熱・流れ・力などを扱う講義科目、機械製図・製作などの実習科目、講義で学んだ内容を体験できる実験科目で構成され、機械工学を総合的かつ実践的に学ぶことができるようになっています。機械コースは、自動車、航空宇宙、ロボット、重工、医療、家電といった様々な産業分野で活躍できるエンジニアの育成を目指しています。
<学習内容>

  • 機械の力学、加工法、材料学、制御など機械工学の知識と技術

<資格>

  • 昇降機検査資格者受験資格(必要な科目の単位を取得し、一定期間の実務経験後)
  • ボイラー・タービン主任技術者(必要な科目の単位を取得し、一定期間の実務経験後)

機械コースって、こんなとこ!

眞部 健(穴吹中学校 出身)在校生

1年次のものづくり工学実習では、旋盤・フライス盤などの実習を通して機械工学に興味を持ちました。1年間かけて全学科の勉強をするので、自分に向いている分野が何かじっくり考えることができました。3年次からは材料力学や機構学などの専門教科が増え、コーオプ教育やインターンシップを通してものづくりを実践的に学べます。また、製品の品質を保ったまま生産効率を高める方法を学ぶ授業や、CADソフトを使った設計製図の授業もあります。先生の人柄も良く、仲間たちと楽しい学校生活を送ることができ、本学科を志望してよかったと思います。

星場 俊之(現(: 株)岡部機械工業 代表取締役)卒業生

ものづくり企業において基本となり、また中枢ともなる設計、製作、組立作業。これらの多くは、学生時代に学んだ机上授業だけでは学べない、実習も含めた専門技術の応用です。機械工学科でも電気や情報処理、語学などが学べた事が現在の自分を作っています。また私が中学生の時に担任に助言されたとおり、阿南高専に進み幅広い技術を習得した事で希望する職場で働く事ができました。文武両道と言いますが、スポーツも年々活発になっていて、楽しい学生生活が送れると思いますよ。