第15回阿南市こどもフェスティバルに出展しました

阿南市主催の「阿南市こどもフェスティバル」が2月25日(日),阿南市役所新庁舎にて活竹祭と合同で開催されました.
本校からは,化学実験同好会,みなみから届ける環づくり会議およびLego研究会が出展しました.
化学実験同好会では,歯の型を取る型取り剤を利用して指の型を取り,溶かしたパラフィン(ろうそく)で指のレプリカを作りました.指紋も鮮明な指のレプリカができました.子供たちだけでなく,保護者ならびに活竹祭に参加した大人の参加者が多く,この機会に理科に興味を持っていただいたようです.
みなみから届ける環づくり会議では,水の不思議イロハと題して出展し,岡川で生息する魚の展示 (協力:日亜化学様),アサリによる水質浄化実験 (徳島県環境技術センター樣),紙すきによる絵葉書づくり (王子製紙樣) を実施し,私たちと水環境のつながりを小さな子供達に気づいてもらう環境学習を行いました.
Lego研究会では,部員一人ひとりが機械仕掛けでボールを運ぶ機構を考えて製作,それらをつなぎ合わせたボール運搬装置(通称GBC:The Great Ball Contraption)を展示し,多くの来場者の方々に見ていただきました.