明正寮で「もっとまなぼうさい教室」地震災害基礎編 講演が開催されました.

10月2日(水)に南部総合県民局 政策防災部 小西良子氏を招き,地震災害の基礎として
「もっとまなぼうさい教室」が行われました.
講演では,南海トラフ地震の特徴や阿南高専が震度7の揺れが想定され,液状化現象が生じる
ことやおよそ3分間の大きな揺れが長い時間であることを,片足立ちのゲームなどを通じて,
楽しく体感できました.また,この揺れている3分間で持ち出すものを考え,次の3分間で津波
から逃げる行動を開始することも知り,約19分後には5mほどの津波が押し寄せることも知る
ことができました.
 なお,10月16日(水)に防災訓練(地震対策)が開催される予定になっていますが  
講演後に小西様からのアドバイスを受け,実践的な訓練への改善を図ろうとしています.