新しい給付型奨学金について(令和2年度~) 

新しい給付型奨学金について(令和2年度~)

1.概要

令和2年度から新たな給付型奨学金制度が始まります。
新たな制度は、これまでの給付型奨学金に比べて、対象者の範囲と支給額が拡充します。

また、併せて授業料免除の対象になるため、給付型奨学金と合計した支援額は大幅に拡充します。
対象者は令和2年4月に本科4、5年生に進級及び専攻科1年生として入学、2年生に進級する学生で、
家計基準(収入金額、資産額)及び学力基準(学業成績、学修意欲)などの条件を満たす方です。

令和2年4月に進級予定の本科4年生及び専攻科1年生を対象とした募集を、令和元年11月に行う予定です。
※ 専攻科に引き続き入学予定の5年生及び3年生で予約採用(6/17~8/8)を行わなかった方は
2020年4月からの在学採用に申請可能です。

今回の募集は募集期間が限られていますので、下記サイト等を参照のうえ、事前に確認をしておいてください。
また、保護者と給付奨学金の申し込みについて相談しておきましょう。
なお、新たな制度の支援対象になるためには、まずこの給付型奨学金に申し込み、奨学生として採用されることが必要です。
採用時に決定する支援区分により、授業料等の減免額も決まります。

令和2年度に授業料免除の申請を予定している学生の方は、必ず制度について確認のうえ、本奨学金への申し込みを検討してください。

○制度の詳細について

文部科学省特設サイト「高等教育の修学支援制度」はこちらから→(URL http://www.mext.go.jp/kyufu/index.htm)

○家計基準について

日本学生支援機構(JASSO)のサイトから、支給額等が試算できるシミュレーションのツールを利用できます。
自分が対象になりそうか確認しましょう。

「JASSO進学資金シミュレーター」はこちらから→ (URL https://shogakukin-simulator.jasso.go.jp)