「四国移動型&自律型ロボットトーナメント2019(SMART2019)」で準優勝

2019年12月1日(日),津山高専にて,四国移動型&自律型ロボットトーナメント2019
(SMART2019:http://www-sky.ee.tokushima-u.ac.jp/lab/smart/)が開催されまし
た。
LEGO社のMindstormsを使ったロボット競技会は国内外で多数開催されていますが,日本
国内で開催されている競技会の中では最も歴史のある大会になります。
今年の競技課題は「RUGBY SMART CUP」。2 分間の競技時間において,それぞれのチー
ムが製作したLEGOロボットで,競技フィールドに配置されたピンポン球を獲得し,フィー
ルドサイドに配置された Try-point Area に Try します。Try は,ピンポン球をTry-point
Area 内に置くことで成立します。Try 成功後,指定されたストーンをKick-point Area に
向かって Kick します。競技時間終了時点における Try-point Area 内
のピンポン玉および Kick-point Area にあるストーン数で合計点を競う対戦型競技でした。
競技会には,中国・四国地区の高校生,高専生,大学生,大学院生の総勢18チームの54名
の参加がありました。
 本校のLego研究会からU-18部門に「LEGOBY」(3I廣永稜太,3I栗原悠,3I貞持壮佑)
,「ピエール・タピ」(2M添木佑翔,2M江口魁人,2I永徳一匡),一般部門に「拳で抵抗
するLEGO」(1AE坂野陽一,2M坂井卓,1AE澤口直弥)の3チーム9名がエントリーしま
した。
それぞれの部門ごとに上位チームが予選通過となります。その結果,本校からは,「拳で
抵抗するLEGO」が予選を勝ち抜き,決勝トーナメントに進出を決めることができました。
決勝トーナメントでは決勝戦まで勝ち進みましたが,最後1点差で惜しくも優勝を逃し,準
優勝となりました。
参加した学生は,来年度の大会に向けさらなる技術の向上を誓いました。今後ともご声援い
ただけますよう,よろしくお願いします。