防災科研協働コンテストにて「防災科研賞」受賞

2018高専機構・防災科研協働コンテスト「地域防災力向上チャレンジ」防災科研賞受賞

2018高専機構・防災科研協働コンテスト「地域防災力向上チャレンジ」最終審査会が3月27日に、一橋講堂中会議場にて開催され、阿南高専チームが提案した「IoT技術を用いた川の水位の広域監視観測システム」が防災科研賞を受賞しました。
全国の高専から33件の企画提案書による書類審査で、阿南高専チーム(4I狩野真毅、5I小野瀬博貴)は最終審査会へ出場する10件(10高専)に選ばれました。
低価格でコンパクトな水位計と水位観測システムを提案・開発してプレゼンテーションに臨み、最優秀賞、優秀賞には選ばれませんでしたが、実用性の高い水位計が評価され、防災科研賞を受賞しました。また、ポスターセッションでは多くの防災関係企業の方から関心を示していただき、学生への質問やアドバイスをいただきました。参加した学生にとって良い経験となりました。

表彰式

受賞チームの記念撮影
ポスターセッションの様子

【参考URL】2018高専機構・防災科研協働コンテスト「地域防災力向上チャレンジ」最終審査会