化学コース

化学コース
50年先まで活躍できる化学系技術者・研究者を育成します。

現代の科学技術の多くが化学に支えられています。物質を原子・分子レベルで究明するのが化学です。化学を応用することで有用な新物質をつくることが求められています。化学コースでは、それに必要な化学の知識を習得するため、実験、実習、演習を行います。無機物から有機物におよぶ広範囲な物質の製法や分析法を学び、材料開発、化学プラントの開発、化学薬品製造、品質管理などの分野で活躍できる技術者の養成を目指しています。

化学コースシラバス

化学コースのここに注目!

化学コースの柱となる5分野

《有機化学》有機化合物とは、炭素原子を含む化合物です。有機化学は、有機化合物の合成法、反応性、構造と性質について研究する分野であり、有機電子材料やプラスチックス等の高分子材料についても学びます。

《無機化学》無機化合物とは、炭素以外の元素で構成される化合物で、地球上にある物質の大部分は無機化合物です。無機化学は、無機化合物の構造と性質について研究する分野であり、金属、ガラス、セラミックス、鉱物などの物質について学びます。

《物理化学》物理化学は、原子、分子、エネルギーなどの基本概念を理解するために化学熱力学や量子力学的な視点で化学が対象とする物質を研究する分野であり、化学反応の機構、物質の構造や性質を決定する原因を学びます。

《化学工学》化学工学は、化学反応を利用した生産にかかわる様々な技術や工程で用いられる物質、反応を研究する分野であり、単位操作、触媒からプラント設計まで工業において必要とされる幅広い技術を学びます。

《環境工学》環境工学は、地球環境における化学物質の分解、生成、反応、移動について研究する分野であり、自然界における化学物質が地球環境に及ぼす様々な影響を学びます。

化学コースの行事とイベント

化学コース新入生歓迎会(上級生主催)、白衣着用式(2年)

工場見学+修学旅行(3,4年)
 

学会発表(5年)
 

化学コース優秀学生賞(全学年)
 

化学コースで取得可能な資格

• 甲種危険物取扱者
• eco検定(環境社会検定)
• 衛生管理者(第一種、第二種)
• 作業環境測定士
• 1級ビオトープ管理士
など(卒業後の実務経験が必要なものを含む)

化学コースのキーワード
物理化学、無機化学、有機化学、生物化学、化学工学、分析化学、新材料開発、品質管理 

 

在校生・卒業生からのメッセージ

在校生
小笠育波(日和佐中学校出身)
4年生の春休み、コースの仲間たちより一足先に就職が決まりました。もともと英語を話せるようになりたいという想いが強く、思い切って外資系の企業を選びました。一般的に、高専生は英語ができないと言われがちです。わたしも英語が好きだというだけで、現時点で英語が上手に使えるわけではありません。それでもチャレンジしたいと感じたからです。よく、好きな仕事を選ぶか、できる仕事を選ぶかという話を耳にします。まだ社会に出たことがないわたしには、どちらが良いのかは判断しかねます。それでも、ここで働いてみたいと思える企業に就職できたことは、日々の積み重ねからであると考えます。高専では普通科の学校にない実践的な授業がたくさんあり、わたしたちの強みはそこにあります。それらを身に着けてきたからこそ、自分にとって一番良いと思える進路の選択肢に巡り合えるのではないでしょうか。これから就職、進学を考える1~4年生の皆さんには、しっかり自分と向き合い、悔いのない選択肢を見つけてほしいです。就職活動や進学の勉強において、早すぎるなんてことは絶対にありません。やってみたいと感じたことには今から全力で挑戦してください。皆さんの挑戦を応援しています。
東出淳志(阿南第一中学校出身)
英語が苦手だった私は3年次の夏休み、英語を少しずつ勉強し始めました。きっかけは洋画を英語で見たいとかそんな些細なことです。夏休み中、先生に時間を取っていただき、英語を教えてもらいました。それからは英語に対する意識が変わりました。定期テストの点数で成長が目に見えたこともモチベーションになりました。来年春からは豊橋技術科学大学のGACに進学します。ここは英語での授業、海外インターンシップという特徴があります。あの時英語の苦手を克服しようと勉強を始めていなければ、GACに入学することはできなかったと思います。何が将来生きてくるかわかりません。皆さんは色んなことに積極的に取り組んでください。それが面接やエントリーシートで使えるエピソードになるかもしれません。あとはエントリーシートや特に面接は色んな先生に見てもらってアドバイスをもらうことをお勧めします。私は特別推薦枠での試験だったので、英語面接やグループ・ディスカッションの対策でも多くの先生にお世話になりました。皆さん、今のうちから色々チャレンジしてみてください。失敗したとしてもその経験は決して無駄にはならないはずです。皆さんの成功を祈っています。
卒業生
國尾祐貴(神戸大学理学部化学科)
高専入学当初の私は,何をしたいでもなく,将来のビジョンや目指すものは特にはありませんでした。この化学コースへは,ふわっとした化学への漠然とした興味から進級し,化学について学び始めました。ただ,化学コースで学んだ4年間で私は,専門授業や実験,卒業研究を通して,化学の楽しさを知り,奥深さを知りました。この化学についてもっと深く学びたいと思い,現在では3年次編入学を経て大学にて研鑽を積んでいます。このように,高専では自分のやりたいことが明確なものとなって見つけられると私は思います。高専で学習する専門科目は,普通科高校の授業とは異なり通常大学から学ぶような内容であるため,その知識は企業で必要とされ,明確に活かしどころがあります。また,実験やレポートを書く経験を早い段階から積める点において,社会に出て即戦力として期待されます。高専はこういった面から無駄がない学校だと私は思っています。また,生徒の数に対し先生の数が多く,先生と学生が密に接することができるため,企業や研究の具体的な話を伺えるだけでなく,自分の進路に関する相談まで親身になって乗ってくれます。専門授業を担当する先生は皆博士号を持っており,研究はもちろん専門の分野において広範な知識を持っておられる方々です。そんな先生方のリアルな話を気軽に聞くことができるのは大きな魅力の一つだと思います。
化学コースの紹介なので少しだけ化学の話をします。高専には電気,機械,情報,建設と化学の他に4つのコースがありますが,これらの全ての地盤となっているのが化学です。化学は,分子,原子レベルで物質を評価します。簡単な例として,皆さんは氷が水に浮く理由が分かりますか?これは水と氷の密度の差によるものですが,ここでなぜ密度が異なるかを追求するのが化学です。化学を学べば,このような日常における疑問を全て理論的に説明できるようになります。これが化学の面白い点の1つです。また化学の活躍する場面は,理学や工学だけでなく,医学,薬学,農業,環境分野など多岐にわたるので,自分がやってみたいことを見つけられるきっかけの学問になりうると思います。今将来を悩んでいる方もそうでない方も,化学コースで人生の選択肢を広げてみませんか?

教職員

教員
教授
西岡  守
専門分野: 熱工学、環境工学、廃棄物工学
教授
吉田 岳人
専門分野:半導体素子工学、レーザープロセッシング、ナノ材料創製
教授
中村 厚信
専門分野:電子物性

准教授
一森 勇人
専門分野:化学工学、物理化学
准教授
大田 直友
専門分野:海洋生態学(貝・カニ)、生態系保全
准教授
小西 智也
専門分野:アップコンバージョン発光蛍光体、化合物半導体量子ドット、希土類フリー蛍光発光ガラス

准教授
大谷  卓
専門分野:有機化学
講師
鄭 涛
専門分野:無機材料化学、化学工学
講師
杉山 雄樹
専門分野:有機合成化学、高分子合成化学、有機金属化学
技術職員
技術職員
東 和之