数理・データサイエンス・AI教育プログラム

数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)

1.教育プログラムにおいて身につけることのできる能力

〇数理・データサイエンス・AI技術の基本的知識を身につけ,その技術を活用することで,新たな技術や情報を取得・創出することができる。
〇情報化社会の特徴とともにその問題点を理解し,データや情報の取り扱い,発信,保護等に必要な原則,法規および倫理に則った行動ができる。
〇技術者としてSoceiety5.0の実現に貢献するために,データや情報を正しく取り扱い,それに基づいて適切に判断するための基本スキルを修得し,活用できる。

2.修了要件

以下に示す必修科目を全て修得していること。
情報リテラシー
ものづくり工学
物理2
化学2
共同教育
〇確率統計
 ・機械コース
 ・電気コース
 ・情報コース
 ・建設コース
 ・化学コース
※授業の方法及び内容は各リンク先の令和2年度シラバスに記載しています。
※各年度のシラバスは高専Webシラバスにて公開しています。

3.実施体制

委員会等 役割
校長 運営責任者
創造教育推進チーム(令和2年度まで:教育連携専門委員会) プログラムの改善・進化
自己点検・評価委員会(令和2年度まで:点検・評価委員会) プログラムの自己点検・評価

 
4.申請書
08_(阿南高専)_一式0630
 

本プログラムは数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)により認定を受けています。
認定期間は令和7年度までです。
 

自己点検・評価結果

数理・データサイエンス・AI教育プログラム 自己点検・評価結果(2021.3.31)