阿南高専・建築学研究室(多田研)

ようこそ,建築学研究室へ!私は本校で建築学を教えている多田豊です。私は一級建築士として様々な建築設計,都市計画に携わってきました。実務者教員として,高専生への実践的な教育と,地域企業へのリカレント(学び直し)教育を行っています。

 

1.研究室の運営哲学 「はい,よろこんで!」

人生はやってみないと分からないことが多くあります。腑に落ちないことも,まずは受け入れてみて,その中にある正しいことを見出し,よくないことはカイゼンしていきます。

 

2.研究指針 「四方よし」

委託研究,受託研究等は,「書いて良し,得りて良し,セケン良し,四国よし」の四方よしを行動方針とします。

書いて良し・・・研究論文は書かなければ,買い手(消費者)の役に立たない。悩みながらも書く(表現する)ことを意識して行動します。

得りて良し・・・研究論文を書いたならば,必ず社会に問い,売り手(筆者)にとって新たな知見が得られるように行動します。

セケン良し・・・セケン(地域住民)の感覚を大切にしたボトムアップ型の研究を行います。セイケンのための研究ではありません。

四国よし・・・四国四県は諸島も含め大きな島です。この島を高専生が故郷と感じ,将来に渡り持続的な生活をするための研究を行います。

 

3.卒業研究の指導方針 「未来を変える力」

地域の未来を共に描き,高専生の成長を通じて,地域課題を解決することを求めます。そのために,本学建設コースで学ぶ土木と建築の力を活用してほしいと思っています。土木工学を中心とした体系となっていますが,若い時期に土木と建築とを共に学ぶことは将来の皆さんにとって,貴重な経験となります。建築に進む場合に土木的なスケールの感覚を持っていないと,建築が敷地内だけで完結してしまい街づくりにつながらないことがあります。反対に土木に進む場合に建築的な感性をもっていないと,景観性や持続性といった社会的なニーズへの対応がおざなりになってしまうおそれがあります。先生自身も建築も土木も共に仕事として携わってきており,両者が結びつかない限り,美しい日本を創ることはできないと実感をしています。その上で,卒業研究では,他コース(電気,情報,機械,化学の力)との連携により,未来を変える創造工学を自分自身の力とすることを求めたいと思います。

 

4.授業の指導方針 「はじめからおわりまで,なんどもまなぶ」

建築学の本筋は実学です。しかし残念ながら,大学等の建築学科を卒業しても社会に出て直接に役立つ教育にはなっていません。高専は大学編入者だけでなく,卒業後に就職する学生も多くあり,即戦力として大卒との同期と同等に働くことが必要です。そこで,一つの授業の中で企画から計画,設計,積算,施工,維持管理まで,すなわち「はじめからおわりまで」をプロジェクトベースで学ぶことで,実社会に役立つ建築学生を育てます。また,2年次から5年次まで,「はじめからおわりまで」を繰り返し,繰り返し,「なんどもななぶ」ことで,年々,自分の手に,技術,学術,芸術の力が備わっていくことを実感することができます。

 

 

5.教員紹介

講師  多田 豊  博士(工学)

(1)建築系資格:一級建築士,二級建築士,管理建築士,住宅医,監理技術者,既存住宅状況調査技術者,国土交通大臣登録木造住宅耐震診断員,CASBEE戸建評価員,自立循環型住宅詳細版講習会修了者,徳島県文化財マイスター,wallstatマスター

(2)土木系資格:土地区画整理士,技術士補(建設部門),測量士補

(3)経歴:1981年,徳島県上板町に生まれる。県立阿波高等学校卒業後,日本大学生産工学部建築工学科に入学。日本大学大学院博士後期課程修了後,都市計画コンサルタント(神戸・東京),建築士事務所(徳島)を経て,2019年4月に阿南高専創造技術工学科講師(任期付教員)として着任。2020年4月より任期のない教員となる。

(4)研究分野:建築とSDGs,性能向上インスペクション,性能向上リフォーム,応急仮設住宅等

(5)所属学会reserchmap参照

(6)委員歴reserchmap参照

(7)建築作品の紹介

 

6.卒業研究の紹介

2020年度(令和2年度)

地方中小工務店の規格型住宅(木造在来軸組工法)における費用対断熱性能比率に関する基礎的研究(5C以西竜磨)  ※コーオプ企業技術課題解決賞

・暮らしのQOL向上を目指したDIY趣味化に関する基礎的研究(5C奥村公香)

・「アニメのマチとくしま」の実現化方策に関する研究~徳島市立地適正化計画におけるアニメ誘導区域の提案~(5C関有稀)

 

2019年度(令和元年度)

阿南高専における学生寮(明正寮)の利用者評価~施設・システムに関するアンケート分析~(5C高岡采音) 

応急仮設住宅団地における集会所建設に関する一考案~徳島の地域性に配慮した「みんなの家」の事前設計案~(5C野口佑大) 

 

 

【第4回NIT-NUU日台国際カンファレンス】

・富永眞ノ介, 多田豊,DIY – Dormitory Innovation,第4回NIT-NUU日台国際カンファレンス,2021年9月2日

・田中亮輔, 泉遥香, 藤川大輝, 多田豊,SVV (Students VS Vacant Houses),第4回NIT-NUU日台国際カンファレンス 2021年9月2日

・太田朱音, 多田豊,減築の普及策,第4回NIT-NUU日台国際カンファレンス 2021年9月2日

・林聖人, 多田豊,DIYの限界,第4回NIT-NUU日台国際カンファレンス 2021年9月2日

・松永健吾, 多田豊,徳島県の住宅の紹介,第4回NIT-NUU日台国際カンファレンス 2021年9月2日

 

【応急仮設住宅】

・板倉工法応急仮設住宅モックアップの建設 (2021.8.21 PT times,)

※2021.6 阿南TV たけまるTVにて放映

 

2020年度(令和2年度)

・木の家地域協議会より阿南高専に大工道具一式を贈呈(徳島新聞 2021.3.20)

 

阿南高専明正寮のDIY断熱改修(ピアサポート) (4C新居天愛羅/3I山尾錬輝/2C白草慶大/2C田中亮輔/2C富永眞ノ介/2C美馬好大)(2021.3)

※2021.6.21 文教ニュース掲載,2021.6.18文教速報掲載

 

インフラテクコン企業賞(株式会社ガイア―ト様)受賞(4C清水宏太/5C喜田晃礼)(2021.3)

 

・いいね!徳島暮らしアイデアコンテスト(4C中川颯太/3C泉遥香/2C田中亮輔/2C藤川大輝)(2021.2)

 

多田豊,高専の使い方 ~地方企業のシンクタンク・Doタンク~,麻植倫理法人会第948回モーニングセミナ(2020.11.4)

  

 

・阿南高専明正寮の飛沫防止カーテン設置 (5C以西竜磨/5C奥村公香/5C関有稀/4C中川颯太/4C林聖人/4C松永健吾/3C国原鈴乃/2C黒田凜)(2020.8)

  

 

2019年度(令和元年度)

・椿どまりマップ

 

・第66代内閣総理大臣三木武夫生家記念碑の制作(令和2年度土木学会四国支部第26回技術研究発表会) (5C高岡采音/5C野口佑大/5C本田遼馬)

 

・あずまやと記念碑お披露目 阿南高専生がデザイン(徳島新聞 2020.3.18)

・三木元首相記念碑制作費の寄付募集(徳島新聞 2020.1.20)

・三木元首相記念碑デザイン「人」モチーフで決定(徳島新聞 2019.10.10)

・阿南高専生 三木元首相記念碑制作委審査にて4つの記念碑案を提案(徳島新聞 2019.8.31)

・阿南高専生 三木元首相記念碑制作で聞き取り(読売新聞 2019.8.19)

・三木元首相記念碑 阿南高専生が現地で聞き取り(徳島新聞 2019.8.4)

・三木元首相記念碑製作に阿南高専生が参加(徳島新聞 2019.6.22)

・三木元首相記念碑建立へ阿南高専生がデザイン(徳島新聞 2019.6.21)

・三木元首相記念碑を阿南高専生がデザイン(読売新聞 2019.6.15)

・更新します。

8.教員による研究の紹介

1.性能向上インスペクションに関する研究

・多田豊,木造一戸建て住宅を対象とする性能向上インスペクションの現状と住生活基本計画の実現に向けた方策,木材保存,第47巻,第3号,pp.1-11,2021年8月

多田豊,木造一戸建住宅を対象とする性能向上インスペクションにおいて検査される個別性能の実態に関する研究(その1):公的制度等と民間団体等の比較,日本建築学会技術報告集,27巻66号,pp.877-882   

・多田豊,徳島県内住宅生産者への気密測定実施に関するアンケート調査,2021年度日本建築学会四国支部研究発表会,2021年5月15日

多田豊,目視等により仕様確認不能な木造一戸建住宅に対応した新しい性能向上インスペクションの評価方法の考案とその安定性及び作業効率性に関する研究 ,公益財団法人建築技術教育普及センター令和2年度研究助成,2021年3月 

・多田豊,徳島県内住宅生産者への気密測定実施に関するアンケート調査,2021年度日本建築学会四国支部研究発表会,2021年5月15日

・多田豊,性能向上インスペクションの調査方法と評価基準に関する研究2 ~異なる調査員が実施する木造住宅における壁又は柱の傾斜の確認方法別の安定性について~,2020年度日本建築学会大会学術講演会,2020年9月  

多田豊,エシカル住宅への支払意思額に関するアンケート分析,2020年度日本建築学会四国支部研究発表会,2020年5月  

多田豊,費用対効果の高い性能向上インスペクションの住宅性能と検査方法別の安定性確認及び作業効率性に関する研究 ,公益財団法人建築技術教育普及センター平成31年度研究助成,2020年3月 

多田豊,性能向上インスペクションの調査方法と評価基準に関する研究1~住宅医協会「既存ドック調査診断報告書」を事例として~ ,2019年度日本建築学会学術講演会 2019年9月 

 

2.SDGsと住宅生産に関する研究

・多田豊,SDGsいえづくりカードゲームの開発と参加者の行動変容,2021年度日本建築学会大会(東海)学術講演会,2021年9月

多田豊, 加藤研二, 加渡いづみ,とくしま発! 住まいのエシカル消費行動カード・ものさしの社会実装(認証ラベル化)事業,とくしま政策研究センター令和2年度研究助成,2021年3月 

・SDGsに沿う家づくりは 阿南高専講師ら知識深めるゲーム考案(徳島新聞 2021.2.25)

多田豊,エシカル住宅への支払意思額に関するアンケート分析,2020年度日本建築学会四国支部研究発表会,2020年5月  

・多田豊,とくしま発! 住まいのエシカル消費行動ものさしの研究開発事業,とくしま政策研究センター令和元年度研究助成,2020年3月 

 

3.応急仮設住宅に関する研究

・多田豊,官民連携による応急仮設住宅団地内配置計画ゲームにおける工程表の検討,令和3年度土木学会四国支部第27回技術研究発表会,2021年5月

・多田豊,全木協令和2年度補助事業 応急仮設住宅図面・施工・管理研修会,一般社団法人徳島県木の家地域協議会,2021年1月27日

多田豊, 加藤研二,産官学福民連携を実現する応急仮設住宅ゲームの開発,土木学会四国支部令和2年度自然災害フォーラム&第15回南海地震四国地域学術シンポジウム,2020年12月18日  

多田豊,産官学協働体制をつくる応急仮設住宅団地(建設仮設)内配置ゲームの開発実験,令和2年度土木学会四国支部第26回技術研究発表会,2020年5月 

 

4.高専教育に関する研究

・多田豊, 原野 智哉, 釜野 勝, 川畑 成之, 田中 達治, 一森 勇人, Chris Prowant, 浮田 卓也学びを止めない!高専寮のDIY改修,2020KOSENフォーラム OS-73 感染症対策(ソフト・ハード面)に配慮した高専寮の改修・運営に関する提言,2021年3月4日

 

9.社会活動の紹介

1.性能向上インスペクションに関する社会人教育

多田豊,「新しい生活様式」を実現するための感染症対策・見える化技術を踏まえたエシカルリフォーム・インスペクター技術者養成講座(実践編),令和2年度「とくしまリカレント教育推進事業」,2020年7月~2021年3月

・多田豊,社会人向け「エシカル・インスペクター初級養成講座」の成果報告,2020年度日本建築学会四国支部研究発表会,2020年5月  

 

2.若年者への工学教育への理解普及

10.授業

授業用の特設サイトへリンクをしてください。