国際交流室

新着情報

国際交流室について

国際交流室では、学生のみなさんの海外派遣のサポート、留学生のサポート、地域のみなさんとの国際交流イベントなど、国際交流関連の業務を行なっています。

学生の海外派遣
阿南高専の学生が留学をする方法は主に以下の3つがあります。

  1. 台湾研修旅行
  2. ニュージーランド語学留学
  3. インターンシップ(校外実習)としての短期留学

1. 台湾研修旅行
 低学年を対象とし、毎年9月上旬に台湾研修旅行を実施しています。5日程度の研修旅行で、日本とは異なる文化体験を通じて、グローバルな視野を身に付けることができます。

 研修旅行前の事前研修では、研修内容・心構えなどに関するガイダンス(1.5h)、国立聯合大学(台湾)の教育実習生による初級中国語講座の受講(1.5hx3回)、グループごとに台湾の歴史・食文化・観光名所ついて調査(1.5hx2回)、調査結果のプレゼン発表(1.5hx2回)を実施します。
 研修旅行は、烏山頭ダム、故宮博物院・忠烈祠など、台湾の観光名所を見学し、さらに、国立聯合大学を訪問します。台湾の観光名所の見学では、現地ガイドによる詳細な説明により、事前研修での理解を深めることができます。国立聯合大学では、学生との交流、台湾企業のプレゼンテーションの聴講を行います。その他、班別の自主研修や九份や夜市観光など、盛りだくさんのプログラムです。
 このような、海外体験を通じ、異文化理解やグローバルな視野を広げることができます。

2. ニュージーランド語学留学
 ニュージーランド・Ara Institute of Canterbury(クライストチャーチ工科大学)での5週間の英語語学研修プログラムです。参加学生はレベル別クラスで一般英語コースを受講します。Ara Institute of Canterburyでは課外活動も盛んで、金曜日の午後は自由参加のアクティビテーに参加することもできます。ニュージーランド滞在中は、現地の住民の自宅にホームステイをします。ホストファミリーと旅行に出かけるなど、ニュージーランドの文化を体験しながら、語学力を磨くことができます。

3. インターンシップ(校外実習)としての短期留学
 阿南高専は、多くの海外大学・教育機関と提携しています。短期留学を希望する学生は、4年次の夏季休暇期間(1ヶ月程度)に、海外提携大学・教育機関に滞在し、研究・文化体験を行うことで、インターンシップ(校外実習)の単位として認定されます。また、専攻科ではクオーター制を導入しており、8月上旬から11月末までの期間で、インターンシップとして、2〜3ヶ月間、海外大学・教育機関に滞在し、研究活動を実施することができます。学生の主な派遣先は、ドイツ、シンガポール、台湾、ベトナム、タイ、などです。

 阿南高専が教育研究交流に関する協定等を締結している海外大学・教育機関は次の通りです。

オスナブリュック応用科学大学(ドイツ)
オストファリア応用科学大学(ドイツ)
ホーチミン市外国語情報技術大学(ベトナム)
ダナン大学(ベトナム)
ベトナム中央電気短期大学(ベトナム)
ホーチミン市電気短期大学(ベトナム)
スラバヤ電子工学ポリテクニク(インドネシア)
国立聯合大学(台湾)
国立釜山機械工業高等学校(韓国)
慶南工業高等学校(韓国)
釜山産業科学高等学校(韓国)
ソノマ州立大学(アメリカ)

留学生の受け入れ
 阿南高専では、長期留学生と短期留学生を受け入れています。長期留学生は3年次に入学し、日本人の学生と同じクラスで授業を受けます。短期留学生は、3ヶ月から5ヶ月の期間で提携大学から受け入れています。短期留学生は、指導教員のもと、それぞれのテーマで研究を行います。また、短期留学生対象の日本語授業も実施しています。